念仏宗を学ぶことで身につくこと

先日、友達たちとご飯に行く機会があり、その中の一人が三寶山 無量壽寺に行き「仏教の日」にちなんで仏さまにお水かけを行ったそうです。仏教の日とはお釈迦様の誕生日として毎年4月8日に制定されています。

私はちょうど予定があったので行けなかったのですが、多くの人が訪れていたと聞いたので行けばよかったかなぁと思いました・・・。普段は予約が必要な無量壽寺ですが、今回は誰でも予約なしで参加できたとのことなので、仏教に関する敷居も少し低くなったのではないかなと思いました。

私は念仏宗を信仰しているので、仏教に関しても知識を広めようと時間を作っては勉強をしています。釈迦の教えを学ぶというのは楽しいし、自分を振り返るという点でも良い事ではないかなと思います。

昨日勉強した中で印象に残っているのは「欲のままに行動すること=悪い事」というものです。例えば、「もっと食べたい」と思って思いのままに食べてしまえば生活のリズムがずれていきますよね。

食べすぎたせいで次のご飯が入らなくなり、残してしまうとこともあるでしょう。欲張って食べてしまったせいで体調を崩してしまったという人もいるでしょう。

このように、自分の思いのままに行動をしてしまえば後で悪い結果が返ってくることになります。私も食べ物の話ではないんですが、この前衝動買いをしすぎてしまってお金が足りなくなったことがあります。

その時は貯金があったから良かったものの、このままだといずれ破産してしまうのは目に見えています。だから、これからは自分の欲に使うのではなく、念仏宗の考えのように奉仕するという形で償おうと思います。

8月にちょっとしたイベントがありますので、もし予定が空いていればぜひ無量壽寺へ行ってみようと思います。

三寶山 無量壽寺には、日々多くの方が訪問されます。もう少し暑い季節になれば、提灯がたくさん飾られるようになり幻想的な風景を作り出すことになるでしょう。

さて、皆さんは何か「これだけは絶対に譲れない」というものはありますか?

何でも構いません。アニメが好きとか恋人を愛しているとか宇宙人は絶対にいるとか。人に何と言われようと変えない心が、皆さんにはあるでしょうか。

仏教を創設した釈迦は、35歳で悟りを開いてからずっと自分の信念を持って旅を続けていました。もちろん、釈迦の価値観が全ての人に受け入れられるわけではなく、人から強い非難を浴びたこともあります。

ですが、「自分は絶対に正しい」という悟りがあったために最終的には永遠のやすらぎを手に入れることができたのです。

35歳から亡くなるまでの45年間の間、苦労に苦労を重ねた釈迦の教えがあるからこそ、私たちの心の拠り所となる存在になったのです。

釈迦のように、自分に常に絶対の自信を持つ人はとても心強く感じます。皆さんにも身近な人に「頼れる存在」という方がいることでしょう。その人の生活を見てみて下さい。怠惰な生活を送っている人はほとんどいないと思います。

このように、自分を信じられる人はどの分野であっても釈迦のように成功できる人物だとされています。もし、今自分に自信が持てない人は、一度念仏宗や仏教について調べてみてはいかがでしょうか。三寶山 無量壽寺のサイトにも教えや概念が載っていますので参考になります。

この記事をシェアする