念仏宗が教え説くもの

念仏宗が教え説くもの

念仏宗が教え説いているのは、仏教の考え方や釈迦の悟りについてだけではなく、真の幸福についてです。
真の幸福とは「真の安心」のことであり、心の安らぎがあることで幸せを感じるとのことです。
心の安らぎを得るためには、感謝の気持ちを忘れないことです。
父母だけではなく、生きとし生けるものに感謝をすることが大切です。
また、社会規則を守ることも必要です。
さらに、仏・法・僧という三宝を尊敬し、全身全霊で依存することも時には重要であるとのことです。
このような教えを、1661年から念仏宗の総本山で唱えているそうです。
念仏宗の総本山には、美しい日本庭園も広がっています。
感謝の気持ちを忘れないためには、和の心を持ち続けることです。
ツツジや紅葉が広がる自然豊かな総本山で、現代社会でも悟りを開くことができるような環境を整えています。
仏教の考え方や釈迦の悟りに加え、今の生活で重要なことは何か、心の道しるべを探すきっかけを与えてくれているのが念仏宗だと言えます。

釈迦の教えについて

仏教の創始者である釈迦を理解することで、念仏宗の教えをより明確に知ることができます。
釈迦は、「ゴーダマ・シッタルタ」という名前であり、元はネパールの部族の王子でした。
釈迦は悟りを開くために、不眠不休で瞑想を行いました。
また、長年の苦行を通じて、苦行だけでは悟りを開くことはできないことも学びました。
森林に住む修行者の群れに身を投じて、人間とは何なのか、生きるとは何なのかを考え続けました。
釈迦の長年にわたる修行の成果を伝えているのが仏教であり、現在でも広く伝わっています。
釈迦が心身ともに削って知ることができた悟りを、現在の豊かな生活にも伝えていきたいという思いがあり、念仏宗が活動をしているとも言えます。
実際に、「悟りを開くことで生活が変わる」という趣旨の本が数多く出版されています。
念仏宗の教えだけではなく、多くの人が悟りの大切さを認識しているのです。
仏教を学ぶことで人生の転機につながると考えている人もいるので、念仏宗を信仰している方も年々増えています。

この記事をシェアする